ブラジル産 トパーズ

ずしり。





重さの石

トパーズです。
左下の画像を見ていただくとわかるように、ちょっとばかりデカめです。
色はほぼ透明で、ごくわずか、ほんのり黄色がかっています。
全体的に細かいタテジワが入り、トップががまるで山脈のようになっているあたりが、ちょっと変わっているでしょうか。

いえいえ、この石の最も顕著なポイントは、トパーズらしい、その重さ。
トパーズは水晶に比べて比重が高い石なので、同じ大きさの水晶と比べると、遙かにずっしりきます。

こんなに光に透けるのに、こんなにきらめいているのに。
どこにそんな重さが隠れているのでしょうか。

「インペリアル」は例外

宝石でトパーズと言えば、「シェリー酒色」とも表現される豊かな金色の石を思い浮かべますが、産出するトパーズの多くは、ほぼ透明の石だそうです。
それらに放射線が照射されることで青く発色し、ブルー・トパーズとして市場にでるのだと聞きます。
上に挙げた金色や、珍しいピンク、紫のトパーズをインペリアルトパーズ、または、プレシャス・トパーズといいます。

たいてい石の名前の前に何か余計な言葉がくっついていると(例:シトリン・トパーズ、アフリカン・ジェイドなど)フォルス・ネームといって、色は似ていても、その名前の石とは全く別の石につけられたセールス・ネームだったりするのですが、「インペリアル(プレシャス)・トパーズ」は例外です。
もしかして、写真の石も上手に放射線を当てたら、青くなるんでしょうか。
ともあれ、わずかに黄色みが買った色合いは月光のようで、それでいて、頼りになるずっしり感。

この石を手にするときは、輝きとともに重さを味わうのが癖になってます。


2006年1月8日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO