メキシコ産 ミルキー・クォーツ

白き空の気配




実は見た目に惹かれて

メキシコ産の白い水晶です。
これは、まだメテオラ・クォーツを持っていなかった頃に買ったもので、「うわー、なんだかメテオラっぽい」……という容姿に引かれて買ってしまった石です。

いったいどのあたりがメテオラっぽいかといいますと、
●水晶っぽくないとんがりな形
●白いミルキーっぽさ
●細かい結晶が集まったような鱗状の輝き
……と、ほぼ全体が、なんだかメテオラ。

もちろん、メテオラ・クォーツはアメリカはコロラド州のOuray郡の限られたポケットから産出する水晶のことですので、メキシコ産のこの水晶はメテオラではあり得ません。

ハリネズミ?

しかし、メテオラ・クォーツにまつわる隕石クレーター云々という話が「伝説」であり、その特徴的なテクスチャが、どうやら石灰岩質の地層と関係があることを考えると、この水晶も似たような環境で成長したのではないかと思われます。
ただし、メキシコ産でこの手の水晶は他に見たことがないので、はっきりしたことは言えませんが。

そして、これは確かにメテオラでしょうという石が手元に来た今も、この石の魅力は減っていません。
鱗のような質感に、小さな結晶がモコモコ付いた感じが、ハリネズミのようにも見えます。
私だけでなく、もう一人の石好きさんも、「ハリネズミ」だと思われたそうなので、これはもう、確かにハリネズミなのです(笑)。

そういう印象があったせいか、この石は、ちょこまかというか、なんとなくはしっこいイメージ。
箱にしまわれているよりも、机の隅とか、引き出しの中にいることが多いです。
4センチほどの小さい石なので、どこかにころりと転がして、なくさないようにしなければ。


2006年1月19日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO