アーカンソー産 エンジェル・ブレッシングクォーツ

祝福それともため息





いろいろ説がありまして

エンジェル・ブレッシング・クォーツです。
チタンガスがインクルージョンされているために、ふわりと白く濁っているのだとか、いやいや白いのは、アラゴナイトのインクルージョンだとか、いろいろ言われています。
以前ご紹介したのは、先端が剣山のようになっていましたが、今回のエンジェル・ブレッシングはノーマルなポイントです。
白い濁りもほんのりで、インクルージョンのために白いのか、レムリアンシードみたいに一面おきに刻まれた、細くて密な成長線(バーコード)のためなのか、ちょっと見分けがつかないほど。
しかし、言われてみればほんのり白くて、「天使」の名前にふさわしいかもと思える繊細さ。

きれいな五角形の面も持っていて、この「イシス・フェイス」が、白い光に浮かび上がるようです。

ところで、改めて確認してみたら、「エンジェル・ブレッシング」というネーミングは、某お店のオリジナルネーミングなのだそうです。
お店の方のお話では、この石を掘った鉱山の方が、「チタンガス入り」とおっしゃっていたのだそうです。

そして、「エンジェル・ブレッシング」も、私は、どこかに「Angel Blessing」だと書かれていたので、
そうだと思っていたのですが、最近「Angel Breathing」という表記も見つけました。
「天使の祝福」なのか、「天使の吐息」なのか。

……今度、お店で確認してこなければ。


2006年1月26日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO