ブラジル産 クリア水晶

一瞬の青




石写真はじっくりと

気合いを入れて写真を撮ると、1カット撮るのに意外に時間がかかります。
ミネラルタック(鉱物用粘土)で石を固定し、あっちに向け、こっちに向け、また固定し直して、あっちこっち。カメラを構えてレンズ越しに見てみて、繰り返し。
一発でバシッと決まることもあるかと思えば、なかなかきれいに撮れなくて、次の石に交替……ということも。

会社に努めていたころ、カメラマンの撮影に同行したことがあって、その予定を立てる際、「1カットに最低30分は確保して」と言われたことを思い出します。
もちろん、石の写真の場合は、いくらなんでもそんなにかかりませんけれど。

刹那の青

そうやって、じっくり時間をかけて光と構図を調整した写真も良いのですが、石の瞬間を捉えた写真もなかなか捨てがたいです。
動かない石の、一瞬の表情がどんなものか、と言うのが今回の写真。
ブラジルのコリント産の水晶です。
大きさは3センチ弱。透明で細い結晶が、くっつきあったミニミニ・クラスターです。

ちょっと飛行機っぽくも見える形なので、光を反射させてメタリックな感じに撮ってみようと、片手でカメラを構え、片手で石を動かしていたら……ちかりと現れた青い光。
思わずシャッターを切りました。
石にクラックがあって、そこに虹が出ているわけではなく、結晶の柱面に光がうまく反射したのと、カメラの位置が絶妙に組み合わさったためだと思います。

本当に微妙な位置関係だったので、ちょっと体が動いてしまったら、もう見えません。
もう一度撮りたいと思っても、見えません。
幻のように現れて消えた、鮮やかな青……。
石の一瞬の表情です。


2006年2月5日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO