フランス産 スモーキー・ファントム

3年越しで……




よ、読めない……

フランス産のスモーキー・クォーツです。
フランスでスモーキーというと、アルプスはモンブランのスモーキーが有名ですが、これは、ブルターニュ産です。

……たぶん。

歯切れが悪いのは、ラベルのせいです。
この石を手に入れたのは2003年の池袋ショー。おそらくフランス人であろうと思われるお店のおじさんは、さらさらとラベルを手書きして下さいました。

家でそれを開いた私は、思わず眉間にシワ。
「よ、読めない……」
筆記体と言うよりも、日本の行書。あるいはダンスするミミズ。
買ったのがスモーキーなので、ラベルの頭に書いてあるのが「Smoky Quartz」だろうと推測できるだけで、産地の方は全く解読不能。

ブリタニー……らしい。

せっかくラベルをもらったのに、産地がどこだか、さっぱりわかりません。
ところが、2005年の新宿ショーで、同じお店であろうと思われるブースで、私は足を止めました。
「この文字は、ラベルと同じ」
あの、のたくり文字と同じ単語と思われました。しかも、ちょっぴり読みやすい。
そこでやっと産地の最後が「France」らしいとわかったのです(笑)。

それと同じことを2005年の池袋ショーでも体験し、残る単語が「Blitany」らしいとわかりました。
ところが、Blitanyではヒットしません。しかたがないので「ブリタニー」で検索した結果、やっと「Brittany」ということになったわけです。
残念ながら、写真と似た水晶はヒットしませんでしたが、ブルターニュでスモーキー・クォーツが出ているらしいことはわかりました。

モリオン・ファントム?

さて、ラベルで大きくつまづいたこの水晶、ご覧の通り、中にまっ黒なファントムが入っています。
表面がややつや消し気味なので、まっ黒なモリオンにも見えます。
ところが……この水晶をくるりとひっくり返すと(右下)、なんとスモーキーの中に黒いファントムが入っているだけでなく、一番外側の比較的透明感のある層、その内側の黒い層、さらにその内側のやや白っぽい層……と、まるで年輪ようにファントムが重なっていたのです。
この水晶は、幾度となく色を変えながら、大きくなってきたというわけです。
また、この「断面」に土が付着していたことから、この水晶が、大きな結晶の先端が割れたものではなく、ほとんど柱面を持たずに結晶していたこともわかってきました。

高さ2センチ、幅3センチほどの小さい水晶ですが、いろいろな成長の歴史を秘めているようです。

2006年2月7日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO