ブラジル産 インクルージョンエッグ

嵐の卵





気分で楽しむ

今回の石もタイトル付です。
名前を書いたらバレバレだから……というのではなくて、何とも言いようがないからです。

知り合いの石好きさんには「気持ち悪い」と言われちゃいましたが、なるほど、いかに私でも「これはこれできれい〜」とは申しません。
手ざわり、重さの感じからしてベースはおそらく水晶(石英)。
そこにグレイの何か、一部は繊維状というか、細い針状というか、角閃石系のような、はたまたホコリのようなものが、何層にも重なっています。
これはファントムというべきなのでしょうか?

ファントムというには、水晶の面の形になっているようではないし……。
では、なぜこんな層になっているのかというと、それが謎。
買ったときも今も「???」……な卵なのです。
大きさは、Sサイズの鶏卵よりも一回りかもう少し小さい程度。

ご覧の通り、サクサクのパイ生地状態の層で、間の部分は透明な水晶です。
光に透かすと、層の部分が灰色なので、まるで幾重にも重なる灰色の雲。
それも、なにやら嵐の前触れのような、不穏な風景にも見えてきます。

そこでタイトルが「嵐の卵」。

嵐の卵を掌にのせて眺めてみる……ちょっと魔法使いになった気分かも(笑)。

2006年2月11日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO