インド産 ヒマラヤ水晶丸玉

虹の呼び声





籠の底から

水晶の丸玉です。
インド産ヒマラヤ水晶を磨いたものだそうです。

丸玉がいくつも入った籠を見つけたときは、「ヒマラヤ水晶の丸玉か〜」と、産地に惹かれていましたが、その中で一瞬輝いた虹の鮮やかさに、産地のことは忘れてしまいました。

なんだか、やたらに派手な虹だったぞ、と籠をひっくり返すようにして探し出した丸玉は、クラックだらけで(虹が出るのだから当たり前ですが)、クラックに泥が入り込んでいるようなところもあって、おまけに、よく言えば手磨きの味、悪く言えばへたくそにゆがんでいて、丸玉……というには、かなりラフな感じの石でした。
3か所くらい貫入もあったりしますが、それが見どころにならずに、アラに見えてしまう、見た目に損をしているヤツなのです。

気前よく虹

しかし、あんなこんなマイナス点を補ってあまりあるのが、この虹。
真ん中あたりに思い切りよく入ったクラックに、バシッと派手な虹が出るのです。
その虹が、石の丸みのレンズ効果によって拡大され、籠の底から、強烈にアピールしていたのでした。

この虹に負けて家に連れ帰ってきたのですが、この石ほど虹を撮りやすい石を、私は知りません。
虹は光の反射で現れるので、写真を撮るには、虹が写るか、白く反射するかの瀬戸際で苦労することが多いのです。
ところがこの石は、いつでもばっちり。虹を出し惜しみしないで輝きます。
形のラフさも手伝って、素朴で気のいい明るい石……、そんなイメージがあります。


2006年2月20日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO