ネパール産 ヒマラヤ・レーザー

天然彫刻




ひと味違う

……そうは見えないかもしれませんが、ヒマラヤ水晶です。しかも、ガネーシュ・ヒマール産。
(たぶん。ネパール産であることは確かだと思います)
ずんぐりドングリ型や先細りとんがり型はあれど、こんな風にえんぴつ状レーザー型は少ないのでは。
ネパール産ヒマラヤ好きを自称する私も、見かけた覚えがありません。
ブラジル・ディアマンティーナ産なら、同じくらいの太さ、長さのを持っていますが。

まあ、他の産地ならば珍しくないえんぴつ状結晶ですけれど、さすがは(?)、ヒマラヤ。ひと味違います。写真をご覧になるとおわかりいただけるように、表面はでこぼこ。
しかも先端は丸く(右上)、柱面は鱗状です(右下)。
どうやらこれは、水晶の表面が溶けた蝕像のようです。
これで、もうちょっと先端が溶けずに残っていると、ヒマラヤ水晶のトライゴーニックが拝めたかも……。

それはさておき、この形状を見ていると、「ハリー・ポッター」に登場する「魔法の杖」を思い出します。
魔法使いの杖というと、「ロード・オブ・ザ・リング」でガンダルフが持っていたような長い杖だと思っていたのですが、ハリー・ポッターの持っていたような短いのも「杖」なんでしょうか……?

しかもこの水晶の「杖」は、彫刻付。
蝕像は、大自然が水晶に刻み込んだ彫刻ではないでしょうか。
刻み込まれているのは、大山脈ヒマラヤの歴史か、それとも山の神の呪文か……。
そんな想像も楽しいです。


2006年2月26日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO