ロシア産 グロッシュラー(ガーネット)

緑の中の赤?




カメラのせいじゃなかった?

ロシア産のグロッシュラー・ガーネットです。
和名は灰礬柘榴石。灰(カルシウム)と礬(アルミニウム)を含むガーネットです。
グロッシュラー・ガーネットには、ヘソナイトやツァボライトと名前が付いたガーネットが含まれます。

グロッシュラーは、「西洋スグリ(Grossularia)」にちなみます。
というのも、シベリア産の灰礬柘榴石が淡緑色をしていて、「西洋スグリ(Grossularia)」に似ていたからだそうです。写真の石は、まさにシベリア産。しかも緑色です。
西洋スグリやグーズベリーで検索してみたら、ちょっと黄色っぽい緑色が似ています。

ところで、このガーネット、肉眼で見ていると緑なのですが、写真に撮ると、茶色……というか、ちょっと赤っぽく写るのです。以前は赤いカメラを使っていたので、てっきりカメラの色が写り込んだと思っていたのですが、今回、新しい黒いカメラで撮ってみても、やはり赤っぽい。

もしかして、中心部の方が赤い(赤っぽい)のかも……?


2006年3月8日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO