ブラジル産 プラシオライト

緑の気配



紫の陰のデリケートな緑

冬と春では光が違います。写真を撮っていると、その違いは明らか。
冬の低くて黄色い陽射しが、軽く透明になり、石の色が冴えて来ます。
こういう時期に撮りたくなるのが、デリケートな緑の石です。
そういえば、2006年のツーソンものの戦利品の共通点は、「緑&青」だったかも。
……というわけで、ツーソンもの戦利品、第一弾!
ブラジル産の「グリーン・アメシスト」です。加熱処理されているものです。

普通、アメシストを加熱すると黄色くなります。
(産地によっては色が消えて、黄色くならないものもあるそうです)
ところが、ブラジルのモンテズーマ鉱山のアメシストは、650度で加熱すると、黄色くなる代わりにご覧のようなペパーミント・グリーンになるのです。
美しい色なので、「グリーン・アメシスト」や「プラシオライト」の名前で宝飾品にされることが多く、名前は知っていても、実物は透明感に乏しい、小さなタンブルしか見たことがありませんでした。

それが、このたび目の前に!
ぎっしり結晶したクラスターを丹念に分離させたものらしく、全体これ剥離痕ですが、色合いと透明感は十分! ロシアの黄緑シトリンとは、まったく違った色合いです。
やはり聞くのと見るのでは大違い。

お店の方にも確認しましたが、緑になっているからには、もちろん加熱処理されています。
原石の無処理もの好きの私ですが、処理に理由があって、それが明らかにされていれば、問題はないと思っています。
でも……。加熱する前の色も、見てみたいものです。
他のアメシストと比べて、色が違うんでしょうか?


※モンテズーマとしましたが、産地はモンテズーマではないかもしれません……。

2006年3月10日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO