アメリカ・ニューメキシコ州産 ブルー・フローライト

同じ青?




同じ青と言われたが

水晶には本来あり得ないはずの色が、内包物によって作り出される青水晶も好きですが、フローライトの青も好き。みずみずしい色合いのフローライトでは、青の美しさは一層映えます。

そんなフローライトで青といえば、「フレンチ・ブルー」と異名を取るフランス産がまず頭に浮かびます。しかし、忘れちゃいけないのがニューメキシコの青。
冴え冴えとした、氷の青を思わせるフランス産に対して、いくぶんやわらかな、「青空の青」とても言いたいような色合いです。そんな青い結晶が群れているさまは、泡立つ波のようでもあります。

フローライトの発色は水晶とは違い、希土類元素によるもので、産地固有の色がない、つまり、緑であれば産地を問わず同じ色だと言うことなのですが、私にはそうは思えません。
水晶と違って、「これはたぶんここ(産地)」と見分ける自信はありませんが、フランスの青と、ニューメキシコの青のニュアンスが違うように、フローライトも産地によって、同じ緑、紫でも感じが違うように思うのですが……。
フランスの青にあこがれるあまりの、ひいき目でしょうか。


2006年3月19日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO