インド産 球状フローライト

不思議の国の石




四角がまんまる

インド産の……
フローライトです。
「これ、フローライトなんです」というと、母岩の灰色っぽい結晶がフローライトだと思われる方がいらっしゃるのですが、真ん中の、黄色っぽいまん丸が、フローライトです。
フローライトといえば、サイコロ型結晶か、ピラミッドが二つくっついたような八面体。
こんなまん丸なフローライトがあると知ったときは、目が点、いや、思わず目も口もまん丸でした。

我が家の第一勢力は、言わずと入れた水晶。そしてそのあとをひたひたと追っているのがフローライトです。こんな変てこなフローライトがあるのならば、是非ともお迎えしたい。
気をつけてみると、カルサイトだと思って目が素通りしていた石が
実はこのまん丸フローライトだったりして、何度か見る機会がありました。
ところが……なぜか、この手のフローライトは母岩が大きいのです。
「でかすぎ」
「重すぎ」
……と見送ること何回か。そしてジャストサイズを見つけたのが、昨年の新宿ショーだったのです。

フローライトコレクターさんごめんなさい

2005年の新宿ショーは、キョーアクなまでの人、人、人、人……。
人の海をかき分け、かき分け、第一目的地のおなじみショップにたどり着いた私は、いくつかの水晶とともに、まん丸フローライトをゲット。
何と言っても私は水晶好きですから、このフローライトが第一目的ではありませんでしたが、とりあえず機会を逃さなかった……というわけです。
まずはこのショップでいくつかをキープし、そのあと会場に溢れる人をものともせず、会場をうろうろ……ところが、私がこのショップを離れたあと、まん丸フローライトを探して、何人かの人が尋ねてきたのだそうです。
ごめんなさい、フローライト・コレクターのみなさん。
変てこ水晶コレクターが、変てこつながりでゲットしちゃいました。

2006年の新宿ショーでもいくつか、まん丸フローライトを見かけましたが、やっぱり、掌すっぽりのこの石がベストサイズ。
母岩は水晶、まん丸フローライト部分はおぼろ月のように光に透けます。
写真のような黄色の他にも、黒っぽいのや、赤いものもあるようです。
まん丸の他にも、まるで「オバQ」のような何とも言えないぐにゃっとした変な形のものも。
2006年の新宿ショー会場でご一緒した石好きさんと
「さすが、インド。不思議の国だねえ……」と感心しきり。

ミャンマー産で、ぼこぼこと泡立ってそのまま固まったようなフローライトが産出し、それは急速に成長したためだと説明されていたので、インドのフローライトのまん丸も、成長速度と関係があるのかもしれません。

(2006年6月8日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO