パキスタン産 アクアマリン

氷の聖堂





パキスタンブーム到来!

パキスタンはギルギット産(たぶん)のアクアマリンです。
2006年ショーの戦利品ではありませんが、お店は同じ(たぶん)。、「掘った」お店でいろいろな石を手に入れ、勢い余って地図まで作ってみたら、以前からうちにあった石までもが、
「こういうところから来た石だったのか」
「ヒマラヤ山脈とはこういう位置関係だったのか」
……と、にわかに生き生きと見えてきました。
パキスタンのアクアマリンは、淡い色のものが多く、結晶のまま、標本として流通するものも多いです。
アクアマリンなんて、スッキリシンプルすぎて物足りない(高いし)……なんて思っていたんですが、今やそれも昔の話(笑)。よく見ると、面白い形のも多いです。
これからは、小さくて、きれいで、面白い形のをしっかり探すことにします。

ヒマラヤか?カラコルムか?

地図を作る際に地名と場所を調べてみたら、ギルギットはパキスタンの北部、他のアクアマリンの産地も北部に集中していました。
ギルギットは、ヒマラヤ山脈の西の玄関といわれますが、ヒマラヤ山脈につながるカラコルム山脈に位置するとも言えます。
パキスタン−アフガニスタン北部は、ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、ヒンズー・クシ山脈、パミール高原など、インドがユーラシアに衝突しめり込んだエネルギーで作られたと考えられている「世界の屋根」。
ヒマラヤ水晶に惹かれるのと同じ感覚なのかも……とこっそり考えてみたりします。

さて、写真のアクアマリンは長い方の柱面の長さで2.5センチ。(短い方だと1.5センチ)
結晶の直径は約1センチ。
かすかに色づくミルキーな色合いで、先端から数ミリは透明。
透明な部分はゴシェナイトといってもいいくらいの色合いです。
アクアマリンにしては小さくありませんが、このミルキーな色合いのおかげで、お得なプライスでした。

アクアマリンは、長らく私の視線が素通りしていたように、六角柱のシャープでシンプルな結晶形のものが多いですが、これは、先端が幾段にも分かれたというか、何本もの長さの違う結晶が一つになったというか、いわば、アクアマリンのカテドラルのような形。
この形が決め手でした。表面はほぼつやつや。ふんわり柔らかなミルキーの部分と透明な部分との変化もお気に入りです。
新宿ショーの際に持参して突発性オフ会で見ていただいたところ、ミルキーでおとなしげな外見に反して「強い」のだそうです。
これは意外。

ヒマラヤの両端

余談ですが、ミネラルショーでパキスタンのアクアマリン(母岩なし結晶のみ)が、「ヒマラヤ・アクアマリン」として売られていることがあります。
ギルギットもヒマラヤのうち(一番端ですが)なので、ヒマラヤ・アクアマリンと言ってもおかしいわけではありませんが、ヒマラヤ=ネパールと勘違いして、「カンチェンジュンガのアクアマリン!」
と思ってしまうと失敗するのでご注意を。
もう一度、アフガニスタン・パキスタンマップを貼り付けます。
Gilgit、Shigar、Skarduはいずれもアクアマリンを産出するようです。

(2006年6月12日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO