ネパール産 ガーネット付きカイアナイト

山の神に捧ぐ





デジカメ化け注意

これぞデジカメマジック!……と、おことわりしておかなくてはならない一枚です。
写真にありますとおり、石はカヤナイト。産地はネパールのガネーシュ・ヒマール。
おまけにガーネット付。

実はこの石、みかけはものすごく渋くて、青と言うより青っぽい黒か茶色。
層になった板状の結晶と、光に透かしてわずかに光を透す部分の青い色で、「カヤナイト……だよねえ?」とわかる石なのです。
大きさは、3.5センチほど。ガーネットに至っては直径わずか1ミリほどで、くっついている中の2つほどがきらりと光る程度です。
ガネーシュでカイヤナイトが産出することは知っていましたし、見る機会も何度かあったのですが、
「確かに青は濃いようだけど、これならブラジル産があるからいいや」
……と、今まで手を出さずにいました。

しかし、小粒とは言えガーネットというオプション付であることと、ものすごく渋い見かけにほだされ、初ゲット。

カメラを向けてみたら……化けた!

えーっ、この石、こんなにきれいだったの!?
……と、撮った本人がデジカメマジックにやられました。
肉眼で見るよりはるかに青く、ガーネットも鮮やかに輝いて、渋ーく古びて見える部分は白く光を反射して目立たなくなり(笑)、ワイルド感だけが際立って……。
まるで、長年人々の崇敬を集めた山の寺院に眠っていた工芸品のよう。

いやいや、写真で化ける前から、ガーネットの付具合が古びた工芸っぽいとは思っていましたが、写真で化けるといっそう見応えアリ。
化けたというと言葉が悪いので、これも石の表情のひとつだったのだと言ってあげたいですが、この違いっぷりはいっそお見事。
うっわー、なんだかものすごくトクした気分! なんたって、見た目ではこんな感じ(↓)ですよ?
あまりにも違いすぎ。すてきだわー……。

(2006年6月17日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO