ブラジル産 ファントム水晶

変わりファントム




層状構造!

2006年6月の新宿ショーの戦利品。高さ2センチ弱の小さな小さなポリッシュ・ファントムです。
見どころは何と言ってもファントムの美しさ。
白い布か花びらが幾重にも重なって漂っているよう。そんな層状構造のファントムなのです。
いったいどうやってこんなファントムができたのやら……。

考えてみたのは、こういうメカニズムです。
(1)白いふわふわが層状構造に堆積する。
(2)その中に水晶が結晶する。
(3)水晶の中に内包された部分だけが固定され、残りの白い部分は消えてしまう。
(4)その後透明な水晶が上を覆う。
うーん。層状構造の中で水晶が少しずつ大きくなっていったら、層が壊れるような気もするんですけどねえ……。徐々に大きくなるのではなく、ファントムの大きさの水晶が一気に結晶したら、
層状の内包物がそのまま閉じこめられるかも……。

いつかは是非ともナチュラル(非研磨)で、できればクラスターになっているのをみたいものです。
それとも、石英状で結晶の形をしていないのでしょうか。それも面白そう……。
このタイプのファントムはありそうでいて、実はあまり見かけないタイプ。
見つけたら小さくてもゲットです♪

(2006年6月20日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO