ブラジル産 スモーキー・カテドラル

キング




キングという石

知り合いの石好きさんの間では、「これはこのタイプの一番!」……という石を「キング・●●」と言うことがあります。
たとえば、これは私が持っているヒマラヤ水晶の中では一番!……という場合は「キング・ヒマラヤン」。石によっては「キング・レムリアン」だったり、「キング・シトリン」だったりするわけですが、今回はカテドラルのキングをご紹介。

ブラジル産のスモーキー・カテドラルです。
大きさで言えば、この石以上に大きいヒマラヤのカテドラルがありますが、
カテドラルとしてはこれがキング。

知らない私に言わしめた

なぜならば、かつて「これってカテドラル?」という質問をしていた頃の私が、誰に聞くこともなく、初めて「これはカテドラル!」と自分自身で太鼓判を押した石。
カテドラルとはどんな石かよくわかっていなかった私に、「これこそ、カテドラル!」と言わしめた石なのです。
カテドラルとは「一つにまとまって空に伸びる形」……と言ってしまう今の私が見ても、やはりこの石はカテドラル。
「空に伸びる」と言うにはちょっとばかりずんぐりですが、そのぶん、存在感は十分です。
カテドラルらしさのポイントとも言うべき縦筋もばっちり。



錐面をみると、大きな一つの結晶のようでいて、実は複数の結晶がぎゅっと固まって一つになっていることがわかります。
大きな錐面にそれぞれの結晶の境目を示す線が入っているのが見えるでしょうか。



ステンドグラス付き!

さらに!
この石は、真ん中にみごとな虹が出ます。
ちょっと変な角度から見ないと色が出ないのですが、そのみごとさはまさにステンドグラス。
どっしり威厳のある形にカテドラルとしての特徴を備え、おまけにステンドグラスまで備えているとなれば、これはもう「大聖堂」でしょう。

(2006年7月13日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO