ブラジル産 シトリンエレスチャル/カテドラル

個人的分類




エレスチャルだけどカテドラル

さて、キングに続いて登場いたしますのは、エレスチャルでカテドラル……だと思う石。
ブラジルの淡いシトリン・エレスチャルです。
買ったのは、2003年末の池袋ショー。シトリンとも言えないくらいの淡い色合いだと思っていたのに、
久しぶりに取り出してみると、思ったよりシトリン(笑)。色が濃くなったかと思っちゃいました。
たしか「エレスチャルだ」ということで買ったという記憶があります。
(↑例によってラベルのないものを選んでいるので、自己判断)

今見てもやはり、エレスチャル。珪酸の多い環境で忙しく結晶した、骸晶の系統です。
柱面の「埋め残し」や、錐面に見られる層状に結晶した部分がそれを裏付けています。
つまり、前回登場したスモーキー・カテドラルのように、複数の結晶が、根本から同じ方向に成長した平行連晶とは違うようなのです。
しかし、この石はKURO的にはカテドラル。
ちゃんと入り口もあるし、建物っぽい。それに何より、この「入り口」から光をあてると、石の真ん中に虹が出ます。



本当は、もっときれいな虹なんですけどね……。
この石もステンドグラス付♪……ということで、カテドラル決定。

(2006年7月14日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO