ブラジル産 ライトニング・メルト

落雷!




落雷で形を失った石

ブラジルのライトニングクォーツです。
これまでにも何回か登場していますが、今回のライトニングはちょっとばかり毛色が違います。
写真を見ていただければわかるように、形状がまるでタンブル。(大きさもタンブル程度)
これは、なんと、あまりの落雷のすさまじさに、結晶の形がはじけ飛び、なおかつ全体が溶けてしまったのだそうです。
そう言われてみると、画面左側はかなりの部分が水晶が割れたときにできる貝殻状断口。右側のガビガビして見えるのは、ライトニングクォーツ特有の落雷痕です。
しかも、割れたようなあとを見せながら、全体的に妙になめらか。

お店の人は、「ライトニング・メルト」と呼んでいました。

KURO的ライトニングクォーツの選び方ポイントは、
●落雷の跡がたっぷり、はっきり
●かつ、結晶のトップが残っている
……だったのですが、このライトニング・メルトは、あまりの割れっぷり、溶けっぷりに惹かれてしまいました。
以前、石好きさんの会にライトニング・クォーツを持っていったところ、「強い石」であるという感想をいただきました。
それは、いわゆる結晶の形を残した、スタンダード・タイプだったのですが、このライトニング・メルトではどういう感じになるのでしょうか。
ものすごくぴりぴり、いやビリビリ?
全く感じない私は、時々この石を触っては、「うわ〜、妙につるつる〜」と楽しむに留まっています。


(2006年7月14日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO