コロンビア産 ドリーム・クォーツ

淡い夢




これはエピドートかも

2006年のツーソンショーで出回ったらしいコロンビア産の水晶です。
その名も「ドリーム・クォーツ」と言うそうです。
エピドート入りと言われるペール・グリーン。
透けているようでいて透けていないような微妙な半透明具合はいわゆる「寒天カラー」。
以前にもひとつご紹介しましたが、最初に紹介した石は、どうもエピドート入りと思えませんでした。
対してこちらは、ころりんとしたDT(両錐)の結晶の一部にエピドートが食い込んでいるので、エピドート由来の色である可能性がかなり高いです。
よく見ると繊維状の内包物は直線的。一つ目のドリーム・クォーツが、煙が揺らめくような内包物であるのとは対象的です。

微妙な透明感のためか、ちょっと下から見上げ気味に光に透かすと、直接光に当たらない結晶の下部が輝いて、まるで月光を集めたかのようにみえます。
ちょっぴり内包されたエピドートの結晶も緑に透けて、心憎いアクセントになっています。

ドリーム・クォーツ(クリスタル)といえば、以前はハーキマー・ダイヤモンドのことでした。
ハーキマー・ダイヤモンドは、そのシャープでクリアな輝きから、「将来の夢」とも言うべき「ドリーム」を連想します。一方コロンビアの水晶は、ゆったりまどろむ癒しの夢でしょうか。
……考えてみたら、私が持っているコロンビアの水晶は、ほんのり緑のものばかり。
あらら……。


(2006年7月23日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO