イリノイ州産 パイライト入りフローライト

こだわりの金の粒




劈開割り!

いいかげん、耳にタコを通り過ぎているかもしれませんが、私は原石派です。
自然が作り出した結晶の形が良いのです。
とはいえ、ポリッシュも買うし、丸玉だってエッグだって持っています。
それでも、ポリッシュならばもとの形に忠実なもの、エッグや丸玉は、磨いた方がきれいだったり、元の石が結晶の形を持たないもの……と、ある程度こだわりというか、自分の基準を持っているつもりです。
そんな中で、根拠はないけれど何故かこだわって集めている石がこれ。
フローライトの劈開割り八面体です。
「劈開割り八面体」という用語はありませんが、天然の状態の形ではなく、フローライトの劈開(一定の方向に割れやすい性質)を利用して作った八面体なので、こう呼んでいます。

聞くところによると、熟練の職人さんがいて、ハンマーでぱりんぱりんと割って作っているのだそうです。はたして、辺の長さが1センチほどの小さい八面体も手作業で作っているのでしょうか。
この劈開割り八面体は、形もかわいいし色も美しいのが多くて人気です。
何を隠そう、初めて買った石は、確か紫色のフローライト八面体でした。
そして時は巡り、手元にはいくつかフローライトの八面体がありますが、最初に買った一つを覗いて、すべて「パイライト入り」という共通点があります。

パイライト入りに注目!

そうです。何故かこだわって集めているのが、「パイライト入りフローライト八面体」。
理由はありませんが、何か基準を設けておかないと、際限なくころころ増えそうで……。
それともちろん、パイライト入りが美しいから。
フローライトは、水晶にはないみずみずしい美しさがあります。
その中に内補されたパイライトの金色の粒は、まるで石の中に浮かぶ星くずのよう。
永遠に浮かび続ける浮遊感とでもいいましょうか。
そこには小さな宇宙があるように思えるのです。

(2006年7月30日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO