アフガニスタン(?)産 アマゾナイト

えっ、天河石?





この石は?

画像に名前を入れてあるので、これは何でしょう……というわけにはいきませんが、本当はそういいたいくらいびっくりした石。
アマゾナイトです。これ。
「こんなの買っちゃった」と、産地や買った店がわからない状態で目の前に出されたら、「……クリソプレース?」と聞いちゃいますね、たぶん。
いえいえ、自分で見つけておきながら、何の石かわかりませんでした。
この店(産地)だとすると、クリソプレースじゃないし、まさか、エメラルドではないだろうし。
一緒にいた石好きさんにアマゾナイトだと教えてもらってびっくり。

ほんとに、アマゾナイト?

いやいや、アマゾナイトは長石だし、この産地はペグマタイトだから、アクアマリンやトパーズが出るわけで、もちろん、長石は代表選手だし、だからアマゾナイトが出たっておかしくないはずで。
忙しく頭を巡らせてそう考えてみたものの、やっぱりびっくり。
だってこの色、この透明感。
下の写真を見ていただければ、透明感のほどがおわかりいただけるかと思います。
向こう側が透けて見えるほどではありませんが、アマゾナイトとは思えない透明感。
いや、びっくり。
実は、産地を聞き忘れたので確かではありませんが、おそらくアフガニスタン。
アマゾナイトということが信じがたくて調べてみたら、カブールの方で、エメラルドと間違えそうなアマゾナイトが出ていました。
しかも、母岩はスモーキークォーツ。
写真の石にもちょっぴりスモーキーが付いています。
見つけた写真では石英状でしたが、もしかしたら結晶のスモーキーだってあるかもしれません。
もしあれば、コロラド産のアマゾナイト付スモーキーを超える美しさ!
若葉のようにも、緑の炎のようにも見える小さな欠片を手に、楽しい想像がふくらみます。

(2006年8月6日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO