インド産 アポフィライト・ヒューランダイト

キラキラコンビネーション





インドらしい!

インドならではのコンビネーション、差し渡し12センチ、縦10センチくらいの薄っぺらな母岩を縁取るように、オレンジ色のヒューランダイト(輝沸石)、その上に透明できらきらのアポフィライトが結晶し、ヒューランダイトのオレンジ色が助けてほんのり色づいて見えます。

ヒューランダイトとアポフィライトが縁取る、ミニチュアール(細密画)って感じでしょうか。
この「絵」の画面に当たる部分は、暗赤色をしていて、なにやら小さな結晶がもこもこしています。
針状というのではなく、強いて言えば「指状」の白くて半透明な結晶ですが、これがなんだか分かりません。スティルバイトではないようです。
「ソーダ沸石」という話も聞いたことがあるのですが、調べてみてもそれっぽく見えません。
インドの鉱物標本ではちょくちょく見かけるので、さほど珍しいものではないと思います。
いったいこれはなんだろう……。
ご存じの方、教えて下さい〜。(石屋さんで聞いてもいまいち不明……)

この石を手に入れたのは、2005年末の池袋ショー。
こんなかわいい色合いの石がたったの1000円だというのですから、ミネラルショー通いはやめられません。
そういえば、2003年の池袋ショーでも、同じ店で格安できれいな石を手に入れたような……。

(2006年8月19日、ブログ掲載)

写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO