アフガニスタン(パキスタン)産 トルマリン付き水晶

野菜系・2




ちょっとくっつき

パキスタンあるいは、アフガニスタン産です。
水晶にグリーン・トルマリンのミニクラスターがくっついています。

水晶の上にくっついているのではなくて、グリーン・トルマリンのミニクラスターの側面に、水晶の先っちょがくっついています。



つまり、水晶とトルマリンはかなりずれてくっついているのですが、双方を形よく映そうとすると上の写真の感じ。

すると……な〜んか見覚えあるぞ。この色、この姿。
……大根です☆

水晶好きの意地で

とはいえ、水晶にトルマリン付、しかもトルマリンはクラスターで結晶の先端がちゃんとしています。さらに、写真には写っていませんが、トルマリンの根本はクリーム色で、密かにバイ・カラー。
これはポイント高し。

すきま系石好きとして、石の成分よりも、効能よりも見た目きれいな石、面白い石が好きですが、ちょっと鉱物系の観点から、同じような石が二つあったとすれば、結晶の先端(仲間内では「頭」といいます)が欠けたりせずにきちんとしているものに軍配を上げます。

特にトルマリンは欠けてしまっているものが多いので、あれもこれもそれもと目移りして、トルマリンの魔力に掴まらないように(笑)
「やっぱり頭(先端)がちゃんとしてないとね〜」
とでも言っていないとやばいんです。
さらに私は「やっぱ水晶付でしょう」と、水晶好きの意地をプラス。

そんなセレクトポイントが、この「大根」を選ばせました。

2006年9月8日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO