ネパール産 曲がり水晶

ヒマラヤからきた水晶




ヒマラヤ水晶と龍

何となくですが、ヒマラヤ水晶は「龍」をイメージさせるような気がします。
いえいえ、正確には「ヒマラヤ水晶は、私の中で龍のイメージと結びつくことある」でしょうか。

ヒマラヤ山脈=巨大な大地の龍脈というイメージを持ってしまったせいか、
そこから来たヒマラヤ水晶を見ていると、巨大な龍の一部分をイメージしたり、水晶そのものが龍のように見えてきたりします。
そんな私のもとに新たな「龍」が一匹やってきました。
仰々しく「(カッコ)」でくくるとちょっと問題がありそうな、それでも一応……龍。
緑泥ぎっしりの細い先細り水晶が縦横無尽にくっついた、いわゆる「かきあげ・クラスター」の一種なのですが、ある角度から見ると……これは……龍……に見えなくもない。

チビ龍くん

ただし、大きさはかわいく全長5.5センチ、「体重」はもっとかわいく約5グラム。
ちっちゃなちっちゃな手乗りサイズの龍なのです♪
胴体になっているのは、なにやらひょろりとカーブした曲がり水晶、それに頭でっかちなスタイルが相まって、なんとも頼りない。
知り合いの石好きさんとお店で見つけたときは、二人して脱力しました。
「なにこれー、くにゃくにゃ曲がってる」
「ひょろひょろ〜、へなへな〜、わはははは!」
ひとしきり笑ったあげく、あまりの脱力ぶりについつい我が家へお招きしました。

よく見て下さい。
左下に突きだした手(足?)の先までがちょこっと曲がっているのが、まるで必死に拳を握っているようで、いじらしいではありませんか。
間違っても「風を吸い込み、火を喰らい」「鋼の体で風に」乗って、はるばるヒマラヤからやってきたようには見えません。(※byゲド戦記歌集。ゲド戦記のは西洋風ドラゴンですが)
たぶん、風に乗ろうとしたところが乗り損ね、吹きとばされてやってきちゃった、という感じです(笑)。

まあ、がんばりたまえ、チビ龍くん。
気長に数百年(数千年?)修行すれば、一人前になれるかも。
しばらくは我が家で、先輩ヒマラヤ水晶に鍛えてもらいなさい。

お約束で

こんなユニークな水晶がやってきたのですから、お約束で遊んでみました。
チビ龍君、うまく風に乗れずに「落ちる〜!(必死)」の図。
本当にこれくらいのサイズの龍がいたら、一匹飼いたいです……。

2006年9月14日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO