写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。

中国産 スティーブナイト

謹厳




見た目とは裏腹に

中国産スティーブナイトです。
スティーブナイトというよりも、輝安鉱と和名で呼んだ方がなじみ深いかもしれません。

アンチモンの鉱物の代表選手で、モース硬度は泣く子も黙る
「2」
メタリックでハードな外見とは裏腹に、へたすりゃツメで傷が付く、ろうそくの炎で溶けてしまう、放っておくと表面が黄色っぽく変色してしまうという、なんともデリケートで取扱注意な石なのです。

今では、湖南省のフローライトとのつながりが興味深かったり、日本の輝安鉱は品質が高くて世界的に有名だと知って、ほほーと思ったりしているわけですが、そういうことを知らなかった当時に、何故この石を買ってしまったのか……。

謎です。

ただ、改めて写真を撮ってみたら、なんとなく思い出したような。
カラーの写真なのにストイックなモノクローム。
ちょっと背筋が伸びるような、硬質で厳しい輝き。
そんなところが目を惹いたのかもしれません。
実際の固さとのあまりのギャップは、ショックですが。

2006年9月24日、ブログ掲載


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO