マダガスカル産 そろばん型・アメジスト

すてきな形♪




 初めての形

マダガスカルのアメシストです。
表面はややマット、マダガスカル産らしく表面はちょっと土っぽくて、たとえばナミビアのブランドバーグ産のようなきらめく美しさではありませんが、光に透かせば、豊かに深い紫色。
しかも、このアメシストはソロバン型の結晶なのです!
一般にベータ水晶とも言われている、水晶の先端のとんがり部分だけを上下にくっつけたような形です。

しかし、ベータ水晶というのは、普通の水晶(アルファ水晶)が573℃以下で結晶したのに比べ、もっと高い温度(573℃〜870℃)で結晶した高温型の水晶のことをいいます。
高温で結晶した水晶の中には、写真のようなソロバン型水晶が見られるので、この形の水晶のことを、形だけでベータ水晶や高温型水晶と言ってしまうことが多いのです。

ところが、ソロバン型=高温型(ベータ)水晶ではありません。
この水晶も、ベータクォーツの代名詞のように言われているロシアのソロバン型水晶も、実は、普通の水晶と同じ低温(573℃以下)で結晶したと考えられています。
(なぜ、低温でこんな形に結晶したのかは謎だそうです)
これでは、ベータ水晶と言ってしまうと間違いになるので、「ソロバン型水晶」と呼ぶことにします。

 300円♪

さて、このソロバン型・アメシスト、大きさは直径2.5センチほど。
水晶としては決して大きくはありませんが、ソロバン型水晶としてはけっこう大きめ。いくつか余分な結晶がくっついていますが、なかなか形も端正です。
それより何より、アメシストでソロバン型というのは、なかなか見かけません。

実は……この水晶、セプター水晶なのです。
写真ではミネラルタックがくっつけてあるあたりに、セプターの土台がはずれた痕がちょっぴり残っています。
ソロバン型であっても、セプターであってもユニークな結晶であることにはかわりがありません。
なのに、お値段300円♪
すてきすぎます。

ミネラルショーでは必ずお邪魔するショップさんが、このたびいつになく安売りをしていて、300円、500円、1000円、3000円の均一コーナーを連発。
もちろん、嬉々として掘りましたとも!
最後に、反対側はこんなかんじ。


2006年10月7日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO