マダガスカル産 キャンドルクォーツクラスター

白龍




 マダガスカル石を掘る

2006年6月の新宿ショーは、パキスタン・アフガニスタン系のお店を「掘って掘って掘りまくり」でしたが、IMAGE2006では、マダガスカル石を掘りまくり。
何と言っても300円〜5000円の均一コーナーが穴場です。
しかも、低価格の均一コーナーに掘り出し物が多かったので、個人的にホクホクでした。

今回の石は1000円均一のコーナーでゲットしたもの。
キャンドル・クォーツのクラスターです。

大きさは、底面の直径が6〜7センチ。
ごろっと丸い感じなので、大きさの割にちょっと重い感じです。
キャンドルクォーツのクラスターは、結晶がバランス良く開いているものが多いようなイメージがあったのですが、このクラスターは、それぞれの結晶が斜めになり、内部に何かを包み込んだような塊になっています。
さらに、キャンドルクォーツたる所以の「溶けた蝋」の部分が、普通よりもはっきりした結晶になっていて、しかも内部に真っ白ではっきりとしたファントムが入っていて、どことなく生き物めいた感じ……かも。

全体的な雰囲気は、体を丸めた白いヘビ、あるいは龍。
その雰囲気を表現するために、石を斜めにして、クラスターの上方向から、ちょっと暗めの光で撮ってみました。
ふっと目をそらしたときに、ゆるやかに蠢き動いているような……。
そんな妖しい雰囲気です。

2006年10月10日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO