ナミビア産 アメジスト

あふれる色




 白か、黒か。それが問題だ。

ナミビアはブランドバーグ産のアメシストです。
ナミビア産のアメシストといえばスタイリッシュな長柱状……というイメージがあるのですけど、この石は、ちょっぴりエレスチャル(骸晶)風味のころんとした結晶がいくつかくっついた形。
しかし、鮮やかな色合いと照りは、なるほどブランドバーグ。
一番外側が透明になっているらしく、そこが全体的な輝きと透明感を一層パワーアップしているようです。

輝きに縁取られていながら、深みと透明感のあるその色合いは、何ものにも代え難い美しさですが、写真に撮る場合は、カメラマンの腕を厳しく問う色でもあります。
光によっては、青っぽくなったり、赤っぽくなったり。
色の補正を間違うと、時には緑っぽく(!?)なったり。

撮影時に黒い背景を使うか、明るい背景を使うかも思案のしどころです。
明るい背景は、表面近くの透明度をはっきり伝えてくれますが、深みのある紫色だけに石の方が暗く沈み込んでしまいます。
ツヤツヤぴかぴかの照りを写すのは黒背景ですが、今度は透明感があだになって、背景の黒を透かしてしまう……。

美人石であるだけに、ブランドバーグ水晶のお気に召す写真を撮るのはいつも以上に難しいです。
ふう。

2006年10月20日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO