写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

KURO'S 知恵ノートアーカイブ-14
Yahooの知恵ノートに載せた内容をこちらでも。

パワーストーンをプレゼントする場合

友達や彼氏さん、ご家族にパワーストーン(ブレスレットなど)をプレゼントしたい!……という人も多い様子。

どんな石にすれば? という質問がよくありますが、ちょっと考えてみたいことをまとめてみました。

まず、お約束として。
パワーストーン=ブレスレットではありません。
ブレスレットが多いけれど、パワーストーンにはタンブルや丸玉、原石などいろいろあります。
質問するときに一言付け加えると伝わりやすくなります。


●相手はパワーストーン好き?

意外に見落としがちなのがこれ。

自分がパワーストーン好きだと、プレゼントしたい!と思ってしまいますが、パワーストーンに対する意識はかなり個人差があります。

同じように好きな人ならいいんですが、中には雑誌の裏に載っている『買ったら宝くじ当選でお金がガッポガッポ、人生変わりました!』みたいな怪しい広告を連想し、パワーストーン=詐欺みたいなマイナスイメージを持っている人もいます。

贈りたい相手は、パワーストーンが好きでしょうか? 
少なくともマイナスイメージを持ってないでしょうか?
 

そこはしっかりチェックしましょう。
聞いてみたら実はあんまり好きじゃなかった、という例もあります。


●相手はブレスレットを着ける人?

贈る相手はブレスレットを着けることに抵抗はないでしょうか?

仕事柄つけられない、アクセサリーを着ける習慣がない。
そんな人にはブレスレットではなくてストラップや置物を考えてみてもいいでしょう。


●気にしすぎたりしない?

パワーストーン好きさんにプレゼントする場合にも、気にすべき点はあります。
好きは好きだけど、気にしすぎるタイプではありませんか?

たとえば、石の意味や効果にやたらにくわしくて、あなたが考えて選んだ以上の説明を知っていて、「もしかしてこんな意味でくれたんじゃないか」のように気にしてしまう。

これまではそうではなかったのに、今は気分が落ち込んでいて、パワーストーンをプレゼントしたら、それに依存してしまって、かえってマイナスになってしまう。

そんなことはありませんか?


●相手の好みは?

パワーストーンというと意味や効果を気にしがち。
でも、贈るからには喜んでもらいたいですよね。
あれとこれとこういう願いを込めて……という気持ちはとても素晴らしいと思いますが、その結果、身に着けてもらえないものになってしまっては残念です。

実は石の意味や効果の説明は「この石はこれ」と決まっていません。
本や店によって説明が違っていることもごく普通にあります。

最初から意味や効果にとらわれすぎず、まずは相手の好みの色の石をラインナップしてみてはどうでしょう。
その中から絞り込む際に意味や効果を参考にしてもいいと思います。


できることなら扱いやすい石を


石にはいろんな性質があって、中には汗に弱い性質の石もあります。
例えばロードクロサイト(インカローズ)やアラゴナイト、カルサイト、エンジェライトは汗に弱く、身に着けていると艶消しになってしまいます。
石としては柔らかいので、傷つきやすい石でもあります。
石好きさんであれば、汗に弱い→身に着けたら柔らかい布で拭く、ぶつけたり落としたりに気を付ける……など、細かいことに気を使うのも平気かもしれませんが、石に詳しくない人には大変です。
できれば
水晶系の、硬くて水にも強い扱いやすい石がおすすめです。


●相手の服装や雰囲気にあってる?

女性が男性に贈る際によくあるんですが、あの意味、この意味、こんな効果……といろいろ考えて選んだ結果、色とりどりの石になってしまい、出来上がりがかわいい雰囲気のブレスレットになってしまった。そんな例もあるようです。

販売されている男性用パワーストーンブレスレットは、モノトーンな色合いやタイガーアイなどの比較的シンプルなブレスレットが多いです。

もちろん、男性でもピンク色が好きという人もいるし、モノトーン系でなくてはならないというわけではありませんが、たくさん売られているということは、そういうものが売れているということでもあります。

それをちょっと頭に置いて、選んだ石、出来上がるブレスレットが相手の服装や雰囲気に合うかどうか考えてみましょう。

お店で作ってもらう場合、店はお客が選んだ石の組み合わせで、それなりにまとまった見栄えのするブレスレットを作ってくれますが、送る人がわからないのでは似合うかどうかまでは考えられません。



男性用のブレスレットは一般的に10ミリ以上が多いようです。
女性よりも指が長く太く、手が大きいので、それなりのボリュームがあった方がバランスがいいです。細いデザインにする場合には、黒などはっきりした濃い色がおすすめ。

異なる大きさ・形の石を組み合わせると意外に華やかで女性っぽい仕上がりになりがちです。組み合わせる場合は、色をモノトーンにしてそろえるなどの工夫をした方がいいでしょう。



ペアのブレスレットを考える場合は、まず男性に合わせて石を選ぶと良いと思います。
女性に比べて男性の方に似合うと思われる石は少なくなるので、男性に合わせて石を選び、石のサイズを小さくしたり、飾りパーツや違う石を少し混ぜたりして女性用にアレンジしてみてはどうでしょう。



ペットにパワーストーンを……という場合。
大型犬などは別ですが、小型犬や猫は人間よりずっと小さいので、
ブレスレットを作る感覚で石を選ぶと重すぎる場合があります。
小さい石にするとか、石の数を減らしましょう。
壊れた場合、石を誤飲することもあるかもしれません。
人間用よりも丈夫に作るようにしましょう。


●相手に渡すとき

贈る側がパワーストーン好きさんだと、どうしても「この石はこういう名前でこういう意味で……こうやって浄化してあげて」と説明したくなります。

でも、相手がパワーストーンに詳しくなかった場合、いきなり詳しい説明は難易度が高いです。
浄化という概念は一般的ではないので、「石が疲れてしまうから、一か月に一度は浄化しないといけない」なんて説明を聞くと、「パワーストーンってそんなに難しいものなの?」とびっくりしてしまうかもしれません。

石の意味や効果、浄化は石を楽しむためのものです。なのに逆に「そんなややこしい決まりごとがあるの? 守れなかったらどうなる?」と心配させてしまっては本末転倒です。

相手に合わせて「お守りになるといいなと思って作ったよ」とか「健康のお守りなんだって」とかざっくり簡単に説明しましょう。
相手に興味があるようなら石の意味や、「時々きれいにする意味もかねてさっと水洗いするといいんだって」と簡単な浄化方法を説明してもいいでしょう。

相手の興味の度合いにあわせて、ちょっと控えめ加減の説明がおすすめです。


●贈る人が心配していてはいけない

どきどき「プレゼントしたくてこういう石を選んだけれど、これで大丈夫?」という質問がありますが、これはいけません。

贈るあなたが心配するようなものを、大切な人に送っていいはずがないです。

ぶっちゃけ、石は悪いことをしたりしません。
試練が…とか、相性が…というのは、人間側が勝手に石のせいにしているだけです。
悩むのもいいけど、それは買うまでに解決しましょう。

贈りたい石を納得して買いましょう。


間違いやリンク切れ、その他情報がありましたら、
掲示板ブログのメールフォームWEB拍手のメッセージ欄よりご一報お願いします。


写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO