写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。


石の沈黙を解読せよ
〜(1) ロシレムとの出会い〜







なんだか、すごい石があるらしい。

通称を「ロシレム」という石があります。略さずに言えば「ロシアン・レムリアン・クォ−ツ」。
ヒーリング系のショップでは、かなりな高額商品で、レムリアのエネルギーを秘めているのだとか、女神が宿っているのだとか、いろいろ麗々しい説明書きがつけられている、すごそうな石なのです。

この石が世に出たのは、2001年9月12日です。
同時多発テロの翌日であるこの日に、ロシアからアメリカの石ショップに届き、日本では2002年の半ばあたりから出回りだしたようです。
私がその石のことを知ったのはさらに後で2003年の最後か、2004年はじめ。実物を手にとって見たのは、確か2004年になってからでした。

時期的には、ヒマラヤ水晶に惹かれはじめたのと同じころです。
「ロシレムという、なにやらすごい石があるらしい」
……という、ヒマラヤ水晶を探し始めたのと同じ
ノリでロシレムを探していた私は、ついにあるお店で実物を見つけました。
ヒマラヤ水晶は、「なんだかわからないけど、すごい!」……と,初対面で虜になってしまいましたが、ロシレムの場合は違いました。


「……。(沈黙)」

何の言葉も浮かばない。

なんだ、大したことないじゃん、でもなく、
わからないけどスゴすぎて言葉にできない
、でもなく、
いいけど、高すぎて買えない……
、でもなく、
この見かけで、何じゃこの値段……
でもなく…………

…………ただ、沈黙。

何の言葉も浮かびませんでした。
たとえ、ごく一般的に見かけるブラジルの透明水晶だったとしても、「おお、水晶らしい水晶」とか何とか、印象が浮かびそうなものです。しかも相手は、柱面に刻まれたバー・コード(成長線)やファセット(錐面)のレコード(成長丘)が特徴の水晶なのです。
「おお、いろいろ刻まれてる」とか「表面はこすれてるけど、透明感抜群!」とか、言い表せないはずはないのですが……なぜか、頭は停止状態。
一番近いのは、パソコンの「このプログラムは、現在応答していません」……というアレ。

沈黙はその後も続いた。

そればかりではありません。
その後、ヒマラヤ水晶にやロシア(主にダルネゴルスク)水晶にのめり込み、キラキラきれいな水晶だけでなく、ごつごつワイルドな水晶の魅力もわかるようになったというのに、この沈黙は続きました。

お店だけが、売らんかなのためにもっともらしい話を述べ立てているならば、「そんなものか」で済んだでしょうが、ロシレムを手に入れた人の多くが、何かを、何か強い力を感じておられるようす。

「ロシレム」と呼ばれる水晶に何かがあるのか。
なぜ私にとっては「沈黙」なのか

いつまでも沈黙のままではいられまいと、調べてみることにしました。


その2へつづく


写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO