パキスタン(アフガニスタン)産 インディゴライト/ スモーキークォーツ


どちらが主役?




 レアで、綺麗で、お手頃で

パキスタンもしくはアフガニスタン産の石です。
この産地は、他の産地では悲しく値段が高いトルマリン付きの石が比較的お手ごろ価格で手に入る、原石系石好きさんには嬉しいところ。

しかもトルマリンの中では比較的数が少ないと言われるインディコライトとなれば、「ほほー♪」と、意味不明の歓声をあげたくもなろうというものです。
しかも、大きめ。
写真のトルマリン部分の幅で5センチちかくあります。

根本の方は真っ黒不透明ですが、先端にいくにしたがってインディコ・ブルーがその姿を現し、さらに先端では透明になっています。
この先端部分は、写真では裏側にあたる部分が、何かに接触していたらしく、斜めにそげたようになっており、よけいに色がよく見えます。

 
片方写せば他方が写らず

さらにさらに。
このインディコライトはスモーキー・クォーツ付き
写真では先端を手前に向けて、ちょっと形が見えにくい角度で写っています。
インディコライトを母岩に結晶したスモーキーなんて、すごく贅沢ではありませんか!
しかも色合いは、ちょっとスモーキー・シトリンです。
(トライフェーン:黄色いスポデューメンの上に結晶したモリオンというスペシャルものも見たことがあります)

インディコライトもスモーキーも、結晶形が完璧だとか、そういう意味ではグレードは低めですが、全体が醸し出す雰囲気は、文句の付けようがありません。

荒々しい中に浮かび上がる、深い色。
インディコライトは、青く透けてこそですが、不透明黒からグラデーションで青くなる、こういう色合いもすてき。
同じような産地からショール(黒トルマリン)も産出しますが、ショールだと思っていた石が、光に透かすと、先端の石部分がすこしだけ青だったり、緑だったりするものがあるので、「ショールか……」と見過ごしたりなさらぬように。

ただ惜しむらくは、この石、写真のようにインディコライトの写りを優先するとスモーキーが写りにくく、スモーキーを優先するとインディコライトの角度が厳しい。
いったいどちらを主役にすべきか。
毎度毎度悩みます。


2007年7月19日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO