ネパール産 緑泥入りミニクラスター

龍の眷属





渋くてカッコイイ!

ちょっとシブめのヒマラヤ水晶です。
緑泥ぎっしり先細りの結晶がクラスターになっています。
表面は艶がなく、ややサビたようにも見えるところが、シブさの原因でしょうか。

ところどころ結晶が折れたところもあり、品質というか、グレードという点では、さほど高くないのですが、さびたようだったり、ダメージがあったり、いわゆる「きれいに見えないポイント」が何故かワイルドな魅力に見えてしまうあたりが、ヒマラヤ水晶の面白いところかもしれません。
(ひいきの引き倒しかもしれませんが)

イメージを写真に

わざと暗めに撮ってみた写真の印象は
龍の眷属」。
荒々しい結晶がまるで鱗を思わせます。

風水では、大地に流れる《氣》の流れを「龍脈」といい、長く連なる山脈はその現れの一つとされているそうです。その考え方に従えば、世界の屋根であるとさえ言われるヒマラヤ山脈には、さぞかし、巨大な龍脈が通っていることでしょう。
まるでその膨大なパワーの小さな小さな一端のような……。
決してきれいではない石を前に、そんなことを考えてしまいました。


2005年12月19日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO