テネシー州産 ドッグティース・カルサイト

光に透ける黄金




少数精鋭・カルサイト

何度も言ってしまいますが、我が家ではカルサイトは少数派。
ただ、水晶に比べて軟らかいというだけで、選ぶ機会がぐぐぐっと減っているのです。
もしかしたら、水晶以上に色と形のバリエーションがあるカルサイトにまで手を出したらヤバい……という、無意識のなせる技かもしれませんが。

そんな無意識ガード(?)をかいくぐってやってくるカルサイト達は、ある意味強者揃い。
形か、色に特徴が……と、改めて見てみたら、どうやら水晶にはない鮮やかな色合いにやられているようです、私。
アメリカはテネシー州、エルムウッドのカルサイトです。
母岩はスファレライト(閃亜鉛鉱)。
エルムウッドは、フローライトの産地としても知られていますが、こんなカルサイトも出ます。
スファレライト(閃亜鉛鉱)が母岩になっている、産地不明のフローライトやカルサイトを見たら、まずは、エルムウッドを疑ってみても良いのでは……。

カルサイトからの甘美なるお誘い

さて、このカルサイトの形は「犬牙状(けんがじょう)」といいまして、いかにもカルサイトらしい結晶の形です。
他にも釘頭状や柱状など、いろいろな結晶の形がありますが、この形が一番好きかもしれません。
カルサイトは、きっちり結晶していてもなお軟らかいというか、みずみずしく優しい感じがする石が多いですが、犬牙状の結晶は、すっきりシャープな感じがします。

そして写真の石の最大の魅力は、色。光に透ける金色……あるいは蜂蜜色。
なんて豊かでおいしそうな色!
光に透けて黄金に輝くシャープな結晶を見ていると、なぜか、この石がどこか虚空の一点を指し示しているイメージが浮かんでなりません。
石の指し示す先には一体何が……。
……カルサイト・コレクターの道へGO! だったら、どうしよう……。

(2006年5月13日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO