写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。

ブラジル産 ガーデンクォーツ・エッグ

世界を内包した卵




名前とともに広がるイメージ

ガーデン・クォーツのエッグです。
産地はブラジル。大きさは、長径4センチほど、内包物の入った水晶をむりやり磨いているので、表面はかなりザラザラです。
この石は、ずいぶん以前に買ったもので、「私は原石派!」と宣言するようになってからは長らく箱の中でした。しかし、改めて写真に撮ってみると、磨いた丸みで内包物が浮き上がって見えて、思ったよりも美しく、幻想的に写りました。

この石は、水晶のどの部分かはわかりませんが、ファントムになっている部分を磨いたらしく、内包物は、面を形成しています。
色は白っぽい(ややピンク)ものあり、クローライトらしき緑あり。金色のルチルも入っています。
思い出しました。
確かこの石、「ルチル・ガーデン〜♪」ということで買ったのです。
結晶の形に研いたものよりも内部に空間があるように見える所に惹かれたのでした。

さて、このところずっと別館サイトの用語集番外編でスピリチュアル系の石の名前を集めているのですが、その中でガーデンクォーツの別名を見つけました。

ランドスケープ・クォーツです。

ガーデン(庭)から景観へ。
名前が変わっただけで、なんだか石の中の世界が広がった気分。
名前がどうであれ、石そのものは変わりませんが、かっこいい名前によって広がるイメージを楽しむのもいいかもしれません。

2006年9月26日、ブログ掲載


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO