ブラジル産 非研磨ファントム

「ナチュラル」の魅力





意外に少ない非研磨ファントム

産地不明ですが、とても美しい非研磨のファントムです。
(※その後、ブラジル産であることがわかりました)
ファントムと言えば、ポリッシュされているものがほとんどです。
ファントムが形成されるということは、その水晶の育った熱水には不純物が多いということで、つまりは結晶面がきれいになりにくいのでしょう。
また、内包物をきれいに見せようとすれば、磨いた方がきれいなのも頷けます。
私のところのファントムたちも、ポリッシュが圧倒的に多いのですが、時にこんな非研磨のファントムを見つけると、うれしくなってしまいます。
非研磨だけに、結晶面はやや磨りガラス調なのですが、それもまた風情と言いましょうか。
ファントムが色変わりになっているところとか、仲良くツインでファントムなところとか、見どころもいろいろ。
こういうふうにツインで磨かれているものってなかなかないです。
やはり形が複雑だと、磨き職人(?)さんたちも困るんでしょうか。

石はブランドではなく

鉱物系の石屋さんだと、やはり石屋さんなりの美意識があるのか、
「水晶はやっぱり、アーカンソーみたいな透明できれいなのでなくちゃ」
とか、
「ファントムはきれいに見えなきゃ価値がないだろう」
とかおっしゃるときがあります。ある石屋さんは
「ファントムでナチュラルなのが欲しいって言われても、いいのがないから困っちゃうんだよ」
と嘆いておられました。
ごめんなさい〜。それはそれで好きなんですけど、そうでないのも好きなんです〜。
(「パワーストーン」をうたっているお店でロシレムはないかと聞いたら、「あれは見た目があまり良くないから置いてない」と言われたことがあります。うーん……)
いろいろな石の情報にふれていると、「ロシレム」とか「ヒマラヤ」とか、ついつい名前に惹かれて選んでしまうことがあります。
もちろん、ヒマラヤはヒマラヤの魅力があるわけなんですが、見るべきは石そのものなのだということを、忘れないようにしなければ。

産地不明とつい書いてしまいますが、石にとってはあまり関係ないことなのかもしれません。
この石は、磨いていないナチュラルさと、産地がわからないことでナチュラルに石の魅力だけを感じさせてくれる石でもあるのです。

(2004年11月15日、ブログ掲載)

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO