ブラジル産 アパタイト

異次元の青




青い石は美しい……!

青い石はやはり美しいです。
万人に有名な「青い石」といえば、サファイアでしょうか。(サファイアは青ばかりではありませんが)でも、青くてきれいなサファイアなんて持っているわけがありません! サファイアそのものは持ってはいますが、青くないし、きれいでもない……。
でも、この「青」もきれいでしょ? ……ということで登場のアパタイトです。
では、なぜタイトルが「異次元の」なのかというと、これにはわけがあります。
このアパタイト、結晶の形はあまりはっきりしていないのですが、色は濃くてきれいなのは確か。
ペンライトで照らすとちゃんと透けるのですが、デジカメでペンライトでは、光のせいで色がくすんでしまい、補正をかけても完全にきれいにすることは難しいのです。

この青はどこから

写すとなればカヤナイトと同じ「午前中の光で逆光」です。
ところが……。
いくら逆光でもこのアパタイトは透けないのです!
ペンライトなら透けるのに。
こんなにきれいなのに!
なげきつつもダメもとでデジカメを向けてみてびっくり。
肉眼では透けて見えないはずの石が青い!
しかも、デジカメが色を拾いきれないくらいの鮮やかな青に写るのです。
たしかにこの青はアパタイトの青。
でも、肉眼では見えないこの青は、いったいどこからやってきたのでしょう!
目では見えるのに、写真には写らない〜……というのはよくありますが……。
カヤナイトの青には「夜空の青」という感想をいただきましたが、このアパタイトの青を見ていると、「銀河鉄道の夜」を思い浮かべてしまいます。
みなさんにとって、この青はどんな青でしょう。

(2004年11月17日、ブログ掲載))


 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO