モロッコ産 アズライト

心の底の青




大きいか、小さいか

青い石第3弾です!
ご存じのように、私は原石派。結晶の形にはどきどきします。
まあ、大きさは手のひらに乗るほどであればいいので、何が何でも大きな石!……ということはありません。
とはいえ、あまりにも小さいとなくしそうだし、色も本来の色が出ないし、それなりの大きさは欲しいもの。
ところが……今日の石に限っては小さい方の結晶に軍配を上げます!
なぜなら……この「青」に出会うためには、結晶が小さくないと光を透さないんです……。
アズライトというと不透明なものを見かけるのですが、結晶も産出します。
モロッコ産にはきれいな結晶があるようです。あと、アメリカ産でもマラカイトと共生して、部分的に結晶しているものを持っています。
不透明なアズライトは、見るからに「青」ですが、結晶の方はパッと見には「黒」。よーく見るとそれが濃い青であることがわかります。


心の底にとどく青

黒く見えるほど青いアズライトの色を写すのはなかなか大変。いつもの黒い背景から白い背景に変え、太陽光に加えて背景からの反射光まで利用して、ハレーションをおこすデジカメをなだめながら、身長に写します。
なにぶん小さい石なので、別売り拡大レンズを付けての撮影です。なかなか合わないピントを合わせるために、思わず肩に力が入り、勢い余って息まで止めてしまうような撮影ですが、この青が写せれば苦労のし甲斐があります。
アパタイトがどこからともなくやってきた青ならば、これは探し求めて得た青。
海の中が青いのは、青い光が光の中で最も深くまで届く光だからだそうですが、もしかしたら心の一番奥まで届く光でもあるのかもしれません。
なぜなら、命が生まれ、こうして私たちが生きている地球も
「青い星」なのですから。

(2004年11月18日、ブログ掲載)

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO