産地不明 ローズアゲート

至福のお昼寝色





 クォーツじゃなくてアゲート

なんだか、変わった色のローズクォーツだなあ……と思われるかもしれませんが、さにあらず。
ローズアゲートです。
産地を聞き忘れてしまったので、今度お店に行ったら聞かなければ。
(追記:マダガスカルかモザンピークだそうです)
いくつかあった中から一番色の濃いのを選んだので、ローズというよりオレンジがかった「ピーチ」なかんじです。

左上の写真ではマダガスカル産のローズクォーツと色をくらべてみました。

やはり「ピーチ」(笑)。

色の薄い方の石であれば、もっとローズクォーツに似ているかと思いますが、色がオレンジがかっているぶん、あたたかみを感じる石でもあります。

 
とろーり、ぷるん

ハートでもなく、丸玉でもなく、ましてやとがった形など考えられない、不定形のタンブルが似合う、シロップのような甘い色。
ふだんであればふんわりやわらかい、甘い色であるはずのローズクォーツがクールに見えてしまうくらいです。

さて、名前はどちらも「ローズ」でも方や「クォーツ」で他方は「アゲート」
いうまでもなく「クォーツ」は結晶していて、「アゲート」は結晶してはいますが微細な結晶が集まってできた
「潜晶質」

しかし、こんな風にタンブルにされてしまうとわからない……。
もしかして、変わった色合いのローズクォーツだったりして……。
なんて考えてしまいましたが、心配ご無用でした。

よーく見ると、左下の画像のようにアゲートらしいもこもこ模様が見えたからです。
ファイヤーアゲートのもこもこした表面と同じもの……この場合は一種のファントムということになるのでしょうか。
もちろん、ローズクォーツには、こんな模様が現れるはずがありません。

しかし……厳密に言うならば、アゲート=瑪瑙は縞模様があるものだから、これはカルセドニー=玉随なのでは……?
色がきれいだから、アゲートでもいいのかなあ。ローズ・カルセドニーでも語呂はいいと思うのですが。

以前にご紹介したアフガン・ローズが「無敵のしあわせ色」ならば、
こちらは
「至福のお昼寝色」
ぽかぽかあたたかな日だまりで、夢見心地でとろーり、のんびり。
傍らにコーヒーとケーキがあれば言うことありません。

(2005年1月6日、ブログ掲載)


 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO