写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。

ロシア産 グラフィック・グラナイト

雄弁な石



 初めて聞いた

2004年12月の池袋ショーのロシアブースで見つけた石です。
「この石は何?」と身振り手振りで聞いてみたのですが、ちょうどくわしい人がいなくて、わからずじまい。
あとで、いつもお世話になっている方に「グラフィック・グラナイト」というのだと教えていただきました


グラナイト?

初めて聞く名前です。
……そうしたら、することはひとつ。さっそく調べてみました。
その結果は……ちょっと意外。
花崗岩のことでした。
御影石と聞けば、ぐっと身近に感じますね。そう、御影石も花崗岩です。

「岩か……」

岩というと、結晶を作る鉱物よりもありふれて価値が低いような気がして、思わずつぶやいてしまったことを白状しておきます。

 ムーンストーン+水晶

しかし、私の目を惹きつけたこの石は、ありふれているどころではありませんでした。
説明するならば、ムーンストーンの結晶の隙間にヘマタイトの赤が染み込み、なにやら茶色の鉱物がウズラの羽模様っぽく混じっています。
「美しい!」と即答するのはためらいますが、個性的な美しさです。

それもそのはず。グラフィック・グラナイトとは、日本語に訳せば
「文象花崗岩」(もんしょう/ぶんしょうかこうがん)ということになります。
そして、茶色の部分は石英。つまり、石英と長石が混じり合ったもの。
もっとおなじみの言葉で言えば、スモーキー+ムーンストーンです。
(結晶の形をしていないので、水晶というのも変ですが)

(2005年2月10日、ブログ掲載)

←ビーズで見つけたグラフィック・グラナイト。「グラフィック・フェルドスパー」の名前も見かけましたが、ベージュ色の部分が長石(フェルドスパー)、そこに茶色の石英が混ざっているのだから、フェスドスパーだけではちょっと足りない。

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO