パキスタン産 水晶・トルマリン・トパーズ

知っていればトクをする





 いろいろリッチ。

パキスタンあるいはアフガニスタン産のトルマリン&水晶です。
「産地はどこ?」と聞くと、たいてい「Gilgit」と返ってくるんですけど、ネットでいろいろ見ていると、時には、ギルギットじゃなくて、そのちょっと北のフンザじゃないか……?
……というようなものもあって、詳細は不明です。

けっこう透明な水晶に、照りの良いグリーンのトルマリンがぽこぽこくっついています。
全体の形がフクザツなので、写真の撮るとちょっとわかりにくくなってしまうのが玉に瑕。

しかし、トルマリンも微妙に色がグラデーションになっていて結晶の先端がきちんとしているものが多いところはかなり高得点。
水晶の一部が黄色っぽく天然コーティングされていて、角度によっては虹色に見えるのも、ポイント高いです。

そして、さらに。
最初に、水晶+トルマリンと書きましたが、それだけではなかったのです。
この石を見つけたとき、「お、いい色、いい照り」
と手にとってじっくり見てみると……。

 
実はね

水晶の一部と見えていたものが、ちょっと違うようなのです。
右側の画像の真ん中、トルマリンの下の部分をご覧下さい。
結晶の形が四角く見える。
さらに、じーっと見ると、うっすら見える条線が縦です。
水晶ならば六角形で、条線は横。
いわゆる「バーコード」とか呼ばれているのがそうです。

……ということは、もしかして、これは「トパーズ付」

よく見ないとわからないし〜、へへへへへ。
……と、何も言わずに値段を聞いて買ってしまいました。
元からお安い店ではありますが、そのときの値段からすると、たぶん、水晶+トルマリン価格。

こうして、ちょっとズルして、水晶+トルマリン+トパーズという、ラッキー・ピースを手に入れたのでした。(お店のみなさん、ごめんなさい。それとも、知っていておまけしてくれたのかしらん?)

結晶の形とか条線の方向とかいうと、いかにも専門っぽくて難しく思えてしまいますが、要は、自分の興味のある石のスタイルを覚えておくということ。
「これは水晶じゃない」ということでもわかれば、実は珍しい石だったりすることもあるかもしれないわけです。

2006年10月31日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO