パキスタン産 スモーキー・インターフェレンス

傷跡




 これ、な〜んだ?

……といっても、タイトルを見るとクイズにはなりませんね。
パキスタン産のスモーキー・クォーツです。

パキスタン北部からは、アルプス産水晶もかくやという、すばらしい透明感を持ったスモーキーが出ます。 表面はつやぴか。色合いははっきりスモーキー、そして向こう側を見通す透明感。
いいねえ〜欲しいねえ〜と言っていて、手にいれたのがこの石。

何がどうなっているかわからない? では、写真をもう一枚。



 ざくざく

やっぱりわからないかも……(笑)。
大きさは、1枚目の写真でお分かりいただけるかと思うのですが、平行に幾筋も幾筋も切り刻まれたような痕跡を持つスモーキーなのです。
それはもう、小気味いいばかりに
ざっくざくと切り刻まれています

割れているわけではありません。
このざっくざくは、この水晶が成長してきた過程を文字通り刻みつけたもの。
つまり、この水晶は成長干渉水晶……インターフェレンス水晶というわけ。

これほどまでにざっくざくでありながら、1枚目の写真のようにきれいに光に透けるのですから、もともとの透明度の高さも相当なものです。
よくよく見ると、端の方にヒデナイト(もしかしたらトルマリン)がくっついていますし、切り刻まれた跡の一部には雲母らしいものも内包されています。

 
阻まれてなお

水晶の成長を阻んだものはなんだったのでしょう?
インターフェレンスと呼ばれる水晶は、カルサイトに成長を阻まれたと説明されていますが、実は、この水晶のざっくざくは、ロシア産のインターフェレンス水晶とは切り刻まれ方が微妙に違います。
もしかしたら、成長を邪魔されたという点では同じでも、邪魔したものは違うのかも知れません。

インターフェレンス水晶は、見た目はあまりきれいではないものが多いです。
しかし、成長を阻まれてもなお水晶としての形をとろうとするかのような、その気合というか根性というか……タダモノではないですな。

2007年5月9日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO