ブラジル産 角閃石 or ルチル入り水晶


けもけも




複雑で魅力的なルチル

水晶のインクルージョンはいろいろです。中でもルチルは横綱クラス。
ついでに、ややこしさでもトップクラス……かも。

ショール(黒トルマリン)が黒ルチルに、アクチノライトが緑ルチルに間違われたり、誤解されたりはもちろん、いったいこれはルチルなのか、別のものなのか悩むと言う意味でも複雑奇怪。
たいていはよーく観察すれば見分けられるようなのですが、中には本気でなんじゃこりゃ、と言いたいものも。
今回の写真の石もその一つ。

我が家での呼び名は「ふさふさ」「けもけも」
最初は角閃石と思っていたのですが、光が当たったときのつやつや具合がルチルを思わせて、いったいどちらか判別不能。
角閃石かルチルか。いったいどっちなんでしょうねえ……。
もしかして、全く違う別物だったりして。

別の方から見てもふっさふさ。
たぶん、最初にこのふさふさがあって、あとから水晶が結晶しているはずなんですが、水晶が結晶する前に、このふさふさがどのような状態でふさふさしていたのか、とても不思議です。

地面の下には不思議がいっぱい……。


2007年7月25日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO