南アフリカ産 ロードクロサイト


アフリカン・ピンク




南アフリカだからインカとは呼べない

南アフリカ産のロードクロサイトです。
ビーズでは手を出したことがないロードクロサイトですが、結晶は別。意外にあります。

だって、ピンクの結晶がかわいくて。
ピンクはかわいい。でもビーズは……というのは、多分にロードクロサイトビーズが人気で「かわいい〜」とか「恋愛の石」とか言いまくられているからです。
要するにあまのじゃく的に視野の外に追いやってます。

先日もビーズ屋に行ったら、店員さんが別のお客に
「インカローズが人気なんですよ〜。一日に何本も売れていくくらいで。恋愛の石としては最強なんだそうですよ」
……という具合なので、私一人くらいちやほやしなくていいでしょう。

ところでインカローズと言えば、ロードクロサイトの別名です。
ロードクロサイトと言うより、インカローズの方がピンクでバラ色な感じがしますが、写真の石には用いないことにします。

なぜなら産地が南アフリカ。
南アフリカの石にインカはないでしょう。
インカローズという名前は、アルゼンチンの古い鉱山で採れたロードクロサイトに用いる名前であるという説も聞いたことがあります。

さて、南アフリカ産のロードクロサイトは、不透明ピンク。
ちくちくもこもこと結晶しています。さしわたし2.5センチくらいの小さい石です。

普段はビーズで見かけることが多いのであまり気にしませんが、ロードクロサイトの結晶は、犬牙状だったり、菱形だったり、意外に個性豊か。
そういうところが実は魅力。それがきれいなピンクならいうことなし。

2007年7月31日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO