産地不明 ブロンザイト

消えていた名前




似てない兄弟

ブロンザイトです。
和名は古銅輝石
エンスタタイトの一種で、最近人気のハイパーシーン(紫蘇輝石)とは、成分がとてもよく似た兄弟石。

ハイパーシーンはこんな石↓なので

似ても似つかないように思えますが、鉄分の割合が少し違うだけで、成分はほぼ同じ。

ちなみにハイパーシーンの名前は、このブロンザイトより「ちょっと硬い」ことに由来するのだそうです。いくら名前がハイパーだからと言って、
ハイパワーな石という意味ではないのでご注意を。

赤いのがあったはず

さて、ブロンザイトも、比較的最近ビーズで見かけるようになった石。
ビーズではみかけても、タンブルでは意外に見かける機会が少ないような……。
見かけの割に、いや、ごつい見かけ通りずっしり重く感じる石です。
その色合いは、なんというかモザイク状のタイガー・アイとでも言いたい感じ。
実際、ブロンザイトのさざれビーズを買ったら、何をどうしたのか、一粒だけ見るからにタイガー・アイが混じっていました。

このモザイクのような輝きの違いが、なかなか写真に撮れない難物だった、このタンブルは、タンブルと言うにはかなり小型ですが、かなり以前に「見かけたことがない名前の石」ということで買いました。
そのとき、赤っぽい、ちょうどレッド・タイガーアイのような色合いのブロンザイトがあって、「マホガニー・ブロンザイト」または「ブロンザイト・マホガニー」と紹介されていたんですが、あれは、ブロンザイトを加熱したものだったのか……?
それこそ、今となってはビーズですら見かけないので、謎です。

兄弟改め同一人物(石)!?

ところで、これまでハイパーシーン(紫蘇輝石)ブロンザイト(古銅輝石)と言ってきましたが、なにやら、1988年の国際鉱物学連合(IMA)で輝石の分類と命名が整理され、
ハイパーシーンもブロンザイトもまとめてフェロシライト(鉄珪輝石)ということにされてしまったとか……。
ハイパーシーンとブロンザイトがとてもよく似た成分の兄弟石だった……と言うだけでも驚きなのに、
今度は同じ石ですか。
知らない間に名前が変わっていく……わけわかりません。

2007年9月18日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO