インド産 アイスクリスタル

静寂の炎




B級増えた

7月末の癒しフェアで手に入れた、「B級品アイス・クリスタル」2号。
1号が、ローズクォーツを思わせるかわいい系ピンク色なら、2号はワイルド系赤黒ピンク。
大きさは同じくらいながら、形もいっそうごつごつしていて、一層謎の生き物めいて見えます。

癒しフェアで見つけたときは、こんな「B級品」、あまりお目にかからないかもと思っていたのですが、9月末のIMAGE2007では、山盛りで売られていました。
大きさは小さくても、これは「割って小さくしたもの」ではなくて、れっきとした「溶けたかけら」。
割れているように見える部分は、「割った」のではなくて、溶けすぎて「折れた」という感じの割れ方です。

実は、水晶は、結晶の形も産地によって個性がありますが、溶けていくときも個性があるようなのです。
ブラジル産では層状ではなくて、「スポンジ状」に溶けたものがありましたし、マダガスカル産の溶け水晶は、ブラジル産にそっくりでした。
インドのパルバティ谷の一角であるマニカラン産の水晶は、溶けるとミルフィーユのような層状っぽい表情になるようす。

溶けることで、水晶が水晶としての形から解き放たれて、別の「何か」になってしまったかのような水晶は、変な水晶好きの心に大ヒット。

普通の感覚で見たら「質が低くて」「割れたくずのような」水晶かもしれませんが、私は、その個性がすばらしいと思うのです。

2007年10月28日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO