産地不明 インクルージョン・クォ−ツ

アブストラクト・アート





現代絵画のような

カットされたルースというよりは、ラフカット。
あまりきっちり磨かれていないルーズさが、「ラフカット」と言うにふさわしい感じです。
大きさは1.3センチほど。
写真で下になっているあたりが白く霧状のインクルージョンになっていることから見て、インクルージョンの入った石の根本近くを磨いたものと思われます。

残念ながら産地は不明です。
考えられるのはブラジルかインド……と思っていたら、つい先日、某鉱物店の即売会で、これによく似た石がナミビア産のラベルで売られていました。(さらにマダガスカル産も見ました)
斑に入るアメシストの色鮮やかさは、ナミビアと言っても通じるかも。
でも一緒に売られていた石から推測して、やはりインドが最有力かと思っています。

クリアな水晶に斑にアメシストが入り、針状の鉱物が花火のように放射状に広がっているところに、丸い薄片状の鉱物が散らばっている……という感じ。
この鉱物はどちらも黒っぽいメタリックカラーです。
散らばり具合がちょうど良くて、まるで石の中の抽象絵画。

中身は何だ?

……と私にわかるのはここまで。
このインクルージョンされたのがどんな鉱物なのかは、特定することができません。
丸いのはヘマタイト? 
針状のはゲーサイト?
……とひたすら「?」付きで頭をひねっております。
一方即売会で売られていたそっくりさんは「ルチル入り」となっていました。

売っていたのがちゃんとした鉱物屋さんなので、信じたいところですが、「ルチル」という表記には気をつけなければならない場合がよくあります。
「パワーストーン」としてタンブルやアクセサリーをあつかっている店では、特に、「針状のインクルージョン」は何でもルチルにしてしまう傾向がままあるからです。

黒い針が散らばったように入っているものが「ブラック・ルチル」
これはショールトルマリンのインクルージョンであることが多いです。
同じく「グリーン・ルチル」。これは緑閃石(アクチノライト)だったりします。
中にはマダガスカルで産出する「ホランド鉱入り水晶」(星入り水晶)を、「スター・ルチル」と呼んでいるところもあります。

●●ルチルというと、なんだかきれいに聞こえますが、どれもルチルとは無関係な鉱物である場合があります。
セールス・ネームだけで判断して「ルチル入り水晶の効能」を見てしまうと、とんでもない勘違いになりかねません。
中に入っている鉱物が何であれ、美しさには変わりないのですが、これが何であるかくらいは知りたいなあ……と思うのですが。


(2005年7月21日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO