ネパール産 クローライト&虹入り水晶

せつない虹




なぜか、せつない。

ヒマラヤ水晶です。
2005年6月の新宿ショーの戦利品です。
以前に、心ひかれるヒマラヤ水晶は、形がワイルドだとか、クローライトびっしりとか、「何か」目立つところがある傾向が強い……というようなお話をしましたが、この石は、形はシンプル、クリアな部分とクローライトの部分のバランスもほどよく、全体の印象としてはおとなしめ。
ネパール産のヒマラヤ水晶の特徴をよく表している石でありながら、我が家のヒマラヤ水晶のなかでは少数派な、バランスのいい石です。

では、なぜこの石に惹かれたかというと、第一の理由は

ちょうど「人」の字のようにくっついた結晶の接合面に、まるでさざ波のような虹が出るのです。

そしてそれを包み込むクリアな結晶面にはびっしりと成長線が。
森のようなクローライトを背景にした、空気にとけ込むような透明さを、きりりとした「形」に切り取ろうとするかのような成長線の取り合わせは、じっと見ていると、なぜか「せつなく」なる美しさ。

ひっそりと静かに、心に染みこんでくる石なのでした。


(2005年8月2日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO