ブラジル産 ウォーターメロン・トルマリン

スイカ・カラー!




コレなら文句なく

i以前にもうちょっとでウォーターメロンかもというピンクのトルマリンをご紹介しましたが、その後になって思い出しました。
「もうちょっとでウォーターメロン」じゃなくて、ちゃんとした「スイカ」がいたじゃないか!
あわてて引っ張り出して写真に撮ってみました。これなら文句なしにウォーターメロン!
緑の皮と赤い部分の間の白い層までそっくりです。
赤い部分は、マンガン、緑色の部分は鉄による発色なのだそうです。
つまり、このトルマリンが成長した環境が途中で変わってしまったためにこんな色変わりが起きたというわけです。
石といえば、まず原石を……と考えるのですが、これはもう、こうやってスライスしてこその美しさでしょう。

……ところで。
実は、写真に写っているスイカちゃんたちは、すべてビーズなのです。
左側の大きめのは直径1センチを超える大きさで、穴が貫通しています。
右側2つは「片穴」と呼ばれるタイプで、穴が途中までしか開いていません。
おそらく金具を接着してペンダントヘッドか何かのようにぶら下げるのでしょうが……。

石としては文句なくきれいなのですが、こういう色合いのものは、アクセサリーとしては、ずいぶん使いにくそう……。
とうぶんのあいだスイカ・カラーで目を楽しませてもらうことにします。
ちなみにこの石は、某石屋さんの店先にかご盛りされていた中から探したので、激安です。
中には、中心が緑、まわりが赤という「逆・ウォーターメロン」もありました。

(2005年8月10日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO