マダガスカル産 ローズクォーツ

もやもや、ピンク




ピンク・バリエーション

マダガスカル産のローズクォーツのフリーカットです。
右側の画像で、右下にひびのように写っているのは、ひびではなくファントム状の層です。
それ以外はほとんどクラックも目立つインクルージョンもありません。

ローズ・クォーツは、ほとんど色味を感じないものから、ディープ・ローズと言われる紫色がかって見えるほど色の濃いものまでその色合いはさまざまです。
個人的にはブラジル産よりもマダガスカル産の方が透明度が高く、色が濃いものには透明度の高いものが少ないかも……と思っています。
もちろん、ないわけではないですが、どちらかといえば安価できれいな石であるローズ・クォーツでも、透明で色がしっかり付いていて、しかもクラックなしというものは、お値段も大変しっかりしています。

さて、写真の石ですが、クラックやインクルージョンが少ない割に色は濃いめ。
単独ではわかりにくいですが、タンブルや丸玉と並べると、はっきりとピンクです。
……ところが、肝心の透明度はといえば、あまり高くありません。
先ほど、目立つインクルージョンはないと言いましたが、実は左側の画像でおわかりいただけるように、内部がなにやらもやもやとした状態になっているのです。

ジラソルに似ている?

ローズ・クォーツの色は、チタンがわずかに混入しているからだとも、(ルチルの混入と説明されている場合もある)燐の混入によるものだとも言われていますが、(塊状の場合はチタン、自結晶の場合は燐という説もあり)いったいこのもやもやは何なのでしょう。
肉眼では微細な針状結晶がキラキラと混入しているようにも見えるのですが……。

この状態に似ているかもと思うのが、実はジラソルです。
マダガスカル産のジラソルの一部には、ここまで顕著ではありませんが、ややもやもやしているように感じたり、微細な針状のものが見えたりするものがあります。

透明度の具合も似通っています。
違う点は、ズバリ、色。
色がピンクだと言うことで、ローズ・クォーツと呼んでいますが、実は「ローズ・ジラソル」というものは無いのでしょうか?
追記ピンク・ジラソルというものがありました。見た目ではローズクォーツと区別が付きません……。マダガスカル産。

(2005年8月20日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO