ブラジル産 ブルー・トパーズ

結晶の生きる姿






成長の証し?

ブラジル産ブルートパーズです。
川流れらしい丸みを帯びた欠片の中でただ一つ、透明感と照りを備えた欠片でした。
ちゃんとした結晶ではなく、「かけら」といった方がふさわしいダメージの多い石ですが、面白い結晶面が残っています。

それを写真に写してみました。いくつもの山状のでこぼこが固まっているのが見えるでしょうか。
最初は、これも割れた断面だと思っていたのですが、のちに別の結晶を見て、これが水晶で言うところのレコードキーパー(成長丘)のようなものらしいということがわかってきました。

これが成長丘だという目で見ると、徐々に、目に見えないほどわずかずつ大きくなっていったと言うより、にょきにょきと、エネルギッシュに成長していったようなイメージが浮かびます。

色は淡いながらもしっかりブルー。
お店の人の話では、鉱山まで行っていないので断言はできないけれど、多分天然の色だと思うとのころでした。

水晶にはない魅力

トパーズは、心惹かれる石の一つでもあります。
色、透明感、端正な結晶の形……どれも魅力的ですが、トパーズには水晶にはない魅力が一つあります。

それは、重さ。

同じくらいの水晶に比べて、トパーズの方がはっきりと重いのです。
見た目は水晶と同じように透明なガラス質なのに、重い。
この石は小さいので、さほど差を感じませんが、何かの拍子に「水晶よりも重い」と感じることがあります。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO